マンション売るときの相談も不動産会社へお任せ!

ロゴ

不動産会社に相談できること

不動産会社には様々なことを相談できます。賃貸仲介業務を行っているなら、いい賃貸物件がないか相談をすることもできます。売買仲介業務を行っているなら、マンションを買う相談も売る相談もできるでしょう。施工を請け負っているなら、注文住宅に関する相談にも乗ってくれます。また最近は、リロケーションなどの相談に乗ってくれる不動産会社も増えてきています。

マンションを売るときも頼りになる

マンションは気軽に売ることができるものではありません。専門的な知識はもちろん、買い手を見つけ出す力や交渉力まで必要になるからです。ですが、そんな問題も仲介経験が豊富な不動産会社に相談することで気にならなくなります。

マンションを売るときの業者の選び方

家と虫眼鏡

歴史が長い業者は経験豊富である可能性大

宅地建物取引業の免許番号を確認すれば、その不動産会社がどの程度営業を続けてきたのかが分かります。古くから続いている業者は、それだけ様々な経験を積んできている可能性が高いです。

大手は発信力が高め

大手業者は、中小業者と比べれば高い発信力を持っているものです。マンションを売るときにも、より良い買い手を見つけ出してくれる可能性が高いです。サービスの質が高いケースも多く、安心して使えることでしょう。

担当者との相性で決めるのも悪くない

不動産売却時には、様々な不安点が出てくるものです。それら不安な点の一つ一つを解消する作業がどうしても必要になります。だからこそ、担当者との相性を軽視するわけにはいきません。話しやすい担当者が見つかれば、不安点の解消もしやすくなります。

行政処分を受けている業者は避ける

過去に行政処分を受けている業者は、避けておくのが無難です。国土交通省のネガティブ情報検索サイトを利用すれば、どの会社がどのような違反をしたのかもチェックできて便利です。

マンションを売るなら後悔しないように情報を集めよう

女性

マンション売却をする理由とは

マンションを売ることになった人の多くは、必ずしも困窮しているわけではありません。およそ四割程度の人たちが、より良い住環境を求めて今の家を売却しているという事実があるからです。新しく家族が増え、今のマンションでは手狭になったなどの理由が多く見受けられます。ただ、資金が必要になったので不動産を売らなければいけなくなったという人も決して少なくはありません。

模型

物件を売るときに必要なもの

不動産を売却する際には、数多くの書類が必要になります。まずは自分の身分を明らかにする必要があるため、身分証明書や印鑑、印鑑証明書を用意しておかなければいけません。さらに、登記済権利書も必要になります。最新の固定資産税評価証明書等も提出しなければいけません。まだローンが残っているなら、ローン残高証明書やローン返済予定表なども求められることでしょう。

インテリア

売るときの流れも把握しておくと安心

マンションを売るときには、まず査定から始めるのが普通です。いくらで売れるか分からなければ、そもそも売った方がいいかどうかも分からないからです。査定額に満足が行けば、売却活動に入ります。これは、具体的に広告を出して買い手を見つける作業であり、もちろんコストがかかります。また、買い手が見つかっても細かい交渉はその後のことになります。必ずしも査定額で売れるとは限らない点に注意が必要です。こうした流れは最低限把握しておきましょう。

一軒家

わからないことは即相談すべき

不動産の売買については、素人はほとんど何も知りません。法律についてはもちろん、書類についてもよく知っているという人は少ないのではないでしょうか。不動産会社はその点でも頼りになります。経験豊富なスタッフが疑問点に的確に答えてくれるはずなので、分からないことがあれば積極的に相談をしましょう。分からないことをそのままにしておけば、大きな経済的被害が発生するかもしれません。

長岡京市エリアの賃貸は不動産会社で探そう♪